PresidentNeeds

概要

President Needs は採用から「面接」を無くす、全く新しい採用支援サービスです。
企業は転職志向のある現職エグゼクティブを、インターンシップとして受け入れます。

(インターンシップの概要:1ケ月4回の場合)
1回目 経営課題のヒアリング
2回目 各プロフィットの業務フロー把握
3回目 各プロフィトのKPI再設定
4回目 経営課題、対処方針のレポート提出

このプロセスによって、エグゼクティブに求められる経営分析能力、課題発見能力を確認でき、かつ他社の現職エグゼクティブの目線で今まで発見できなかった経営問題の洗い出し及びリスク調査が可能となります。

また、エグゼクティブはインターンシップの中で、求められているスキルとご自身のスキルのマッチングが行え、経営層および会社風土に合うかどうかをリアルに体験できます。また今後の転職活動を行うに当たりキャリア課題の整理も行えます。

優位性

これまでの人材紹介サービスの場合、数回の面談だけで採用を決めなければなりません。
エグゼクティブの採用決定を行うには、あまりにもリスクの高い採用スタイルと言えます。
我々は経営者の意向に合う、これまでにない全く新しい採用スタイルを提供したいと考えます。

・エグゼクティブ採用のミスマッチを限りなくゼロにできます。
・採用できるまで、無期限でインターンシップサービスを継続できます。
・経営のセカンドオピニオンとして現状の経営課題を再認識できます。

エグゼクティブが転職に躊躇する理由のTOPは経歴を汚したくない。というものです。
この現状を打破出来ていないのは転職活動スタイルそのものに問題があったためと考えます。
我々は現職エグゼクティブの意向に合う、これまでにない全く新しい転職活動スタイルを提供したいと考えます。

・転職後におけるミスマッチを限りなくゼロにできます。
・自身のパフォーマンスが転職候補先で通用するのか理解できます。
・転職により自分のキャリアが汚れる事を回避できます。

品質

弊社のご紹介するエグゼクティブは、御社の状況に合わせ、下記項目に対するスキルチェックを実施。
インターン中は当社がセカンドオピニオンとして御社のサポートに入ります。

(CFOのケース:上場企業CFO経験者が担当)
・事業計画作成業務及び PDCA サイクル実行業務
・エクイティ・ファイナンス業務
・バリュエーション業務
・ストックオプション導入業務
・株式公開準備業務
・有価証券報告書・決算短信等の開示資料作成業務
・適時開示業務
・内部統制構築業務及び運用業務
・管理会計構築業務及び運用業務
・経営管理構築業務及び運用業務
・人事制度構築業務及び運用業務
・組織変革業務
・情報システム導入業務
・設備投資の経済性計算業務
・M&A 業務
・デューデリジェンス業務
・PMI 業務
・連結会計導入業務
・組織変革業務
・組織再編スキーム構築業務及び実行業務
・資本政策変更業務
・リストラクチュアリング業務
・リスケジューリング業務

Q&A

Q:1ヶ月のインターン期間はどんな契約形態ですか?
A:インターンであり、その時点で雇用契約はありません。
また当社とインターン先企業は秘密保持契約の締結を行っています。

Q:雇用契約はどのように結ぶのですか?
A:1ヶ月のインターン期間終了後、双方合意した場合、当社を通して条件等を確認・調整した上で雇用契約を結んで頂きます(正社員の場合は入社手続き)。

Q:1ヶ月のインターン期間と試用期間の違いはなんですか?
A:一般的な試用期間は、入社後の見定め期間として設けられますので、仮に入社後のミスマッチの場合、経歴書に残ります。当社のインターンは契約なしの期間なので経歴書には残りません。もちろんですが、雇用関係ではありませんので、雇用保険・社会保険等への加入もありません。

Q:通常の転職相談はできますか?
A:当社は一般的な転職エージェント事業も行っています。ご状況やご経歴、スキル、ご希望等を伺った上で、ご希望であれば今後のキャリア形成等についてもご相談をお受けします。その上で転職が必要かどうか、職務経歴書や面接でのアピール方法等も積極的にアドバイス・サポートさせていただきます。

Q:合わないと思ったら断れますか?
A:はい、断れます(企業から断られる場合もあります)。インターン期間中は双方にとって今後仕事がしやすいかどうか確認するための期間となりますので、双方の意志は当社経由で確認します。当社にお気軽にご相談下さい。