• 【転職コラム】採用担当者は嫌われる

    企業で採用をされている方に読んでほしい記事です。採用企業でも転職エージェントでも選考結果の連絡をされると思いますが、その際のメールの署名はあなたのお名前でしょうか?先日、面談した方がこうおっしゃっていました。メールの差出人が、「採用担当者」と書かれているメールは人として納得できなく、そういう企業には書類が通過していたとしても辞退しますと。問い合わせしてもたらいまわしにされる可能性が大きいのも嫌う理由だということでした。ドライに考えたらそんなことで選考を棒に振るのはもったいないと思うのですが、入社後もそのような対応をする会社だとい[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職コラム】業務における意志の重要性

    仕事する上で重要だなと改めて思ったことです。組織の中で自身の役割というものがあります。その役割を全うするために業務があるのですが、業務を「こなしている」が「結果が伴わない」ということがあると思います。これは、業務理解に差がある場合が多いからです。それは①ゴールを理解する(意志) ②労働として遂行する(こなす)という差です。例えば、我々の業務で当てはめて考える場合、上記理解の差は①面談した方々から求人への応募意思を頂く②面談数を目標分だけ行うという差となります。そして、過去に私が遭遇した実例では①面談した登録[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】応募する会社、応募しない会社の決め方

    その会社への応募を悩んでいる時に読んでほしい記事です。お会いする登録者の方々に必ず尋ねている質問があります。あなたの企業選択の基準を教えてください。人によって様々ですが、応募する会社と応募しない会社の傾向値はある程度見えてきます。応募する会社の共通点・想定年収が他求人と比較して劣っていない・勤務地が近い・事業内容が理解しやすく、面白そう・伸びている応募しない会社・想定年収が低い(年収300万円代はかなり厳しい)・勤務地が遠い・事業内容に特徴がない・事業成長するイメージが持てない上記の項目の中で転職エー[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職コラム】人事が生み出す機会損失

    転職エージェントとしての見解です。採用人事が機会損失を生み出していると感じます。採用人事の仕事って・応募を増やすこと・部署のニーズを把握して情報発信すること・応募者の状況管理をすることこれに尽きると思っています。書類選考で現場に書類を出さずに人事判断で見送ることを聖域とでも思ってる人事がいます。もちろん、直接応募で明らかにダメなケースの場合はそれでもいいです。しかしエージェントからの紹介にもかかわらず、とにかくまずは自分たちで選考をする。結果として現場からは、「応募が少ないじゃないか!」と言われ、エージェントには「[...]

    さらに記事を見る
  • 【企業情報】USJの広報

    株式会社ユー・エス・ジェイの広報の方にお話を伺ってきました。USJでは広報をERと呼んでいます。(ER:エクスターナル・リレーションズ)つまり対外的な業務に関してはすべてここが担っているとのこと。USJ広報は現在13名の人員で構成されていますが、一人一人がシーズナルイベントを担当しています。つまり、業務を分担するスタイルではなく、一人一人が川上から川下まで一通り経験するスタイルをとり、プロとして成長することを意図した体制を構築しているようです。また、TV局5局を一人一人が担当(自分の媒体を持つ)し、深く入り込むための体制もとってい[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】転職活動を効率的に進める方法

    転職活動で時間を有効に使いたいと考えている時に読んでほしい記事です。先日、ご登録者の方とお話ししてこんな視点をお聞きしました。「応募を検討している会社の選考通過平均はどのくらいですか?もし確率が低いなら応募を辞めようかと思うんです。だって面接にうかがっても無駄足になりますし・・」違和感を覚えました。我々のような転職エージェントや人事の方が「結果として見る数字」として確率をチェックすることはあります。そして、個々人の方が確率を気にする場合も、応募した企業数に対して自分はどのくらいの確率で書類選考、面接が通過しているのかを気にするこ[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】転職サイトに経歴をきちんと書かないと損をする。

    リクナビやDODA、エン転職など転職サイトを利用して転職活動をされている方に読んでほしい記事です。あなたを含め、転職サイトを利用している人が普段は目にしない「人さまの経歴書」を誰よりも見ているのが転職エージェントです。転職エージェントは求人を掲載して求人応募の方々に転職サポートを行ったり、企業からの依頼に基づいて対象となる方々にスカウトメールをお送りしたりします。いずれの場合も、転職エージェントがその方と会うかどうか、企業に推薦をしようかしまいかの判断をするのは書かれている内容になります。今回この記事を書こうと思ったのは、経歴(業務[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】面接で受かった理由、落ちた理由

    面接を受ける前に読んでおいてほしい記事です。何度か面接を経験した人なら理解が早いと思います。面接に受かった理由を教えてください。あなたはこの質問に明確に答えることが出来ないかもしれません。でも大丈夫。受かったのですから。では、逆に面接に落ちた理由を教えてください。あなたはこの質問には答えられなければなりません。スキル不足、カルチャーが合わない以外の理由で、答えられるかどうかが重要です。終始穏やかに話は進んだし、NGワードは言わなかったし、これで落ちたらショックですよ。というフィードバックを頂いたとしても、落ちる時があり[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】応募履歴管理をしないと起こる悲劇

    求人の応募履歴を管理してない人に読んでほしい記事です。ご登録者の方に応募している企業のことを聞くことがあります。「社名」、「応募時期」、「応募経由」、「応募職種」、「その結果」などが中心です。この中で、注意深く取り扱わないといけない情報があります。それは「応募経由」と「その結果」ですここで応募経由についてのおさらいです。現状ネット経由での応募の場合以下の3パターンが存在しています。まず、➀採用企業に直で応募この場合、合否連絡も人事から直接連絡が来ます。当事者の判断で選考が進むので結果は事実です。次に、弊社も[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職コラム】回答は具体的に

    面接で上手くいかないなぁと感じている人に読んで欲しい記事です。一般的に、質問にはクローズドクエスチョンとオープンクエスチョンの2つがあります。これは企業の採用面接の場でも同様です。クローズドクエスチョンとは・・・相手が「はい、いいえ」または「AかBか」の択一で答えられるような、回答範囲を限定した質問の仕方をいいます。オープンクエスチョンとは・・・「どう思うか?」「実際に行った業務は何なのか?」などのように、制約を設けず相手に自由に答えさせるような質問の仕方をいいます。面接で、より重要なのはこのオープンクエスチョンへの回答で[...]

    さらに記事を見る

アーカイブページ

「最後の転職」のご紹介

「最後の転職」は転職理解メディアです。求人をはじめとした企業情報の発信と転職に必要な情報発信を行っています。

再転職危険度診断

  • 何が転職を繰り返させるのか?
  • あなたの内面に潜む再発要因とは?
  • あなたの無意識を診断します

第2の職務経歴書 f i t

受かる人の共通点は自己理解!
スキル・経験に加えて、内定にたどり着くために必要な準備です。
f i t は自分のことを理解する面接対策ツールとして無料でご活用いただいています。

面談実話 最後の転職

転職エージェントの面談実例をご紹介しています。転職活動者の方々の実際の活動を公開することで、あなたの転職活動のヒントをお伝えします。

転職エージェントブログ

転職エージェントがお伝えする、書類作成の極意、面接の極意、企業風土、採用スタイル、働く人の魅力などの情報が満載!

職種別検索