• 【転職コラム】人事が生み出す機会損失

    転職エージェントとしての見解です。採用人事が機会損失を生み出していると感じます。採用人事の仕事って・応募を増やすこと・部署のニーズを把握して情報発信すること・応募者の状況管理をすることこれに尽きると思っています。書類選考で現場に書類を出さずに人事判断で見送ることを聖域とでも思ってる人事がいます。もちろん、直接応募で明らかにダメなケースの場合はそれでもいいです。しかしエージェントからの紹介にもかかわらず、とにかくまずは自分たちで選考をする。結果として現場からは、「応募が少ないじゃないか!」と言われ、エージェントには「[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】あなたの知らないエージェントの価値

    転職エージェントって頼りにならないなぁと思ってる方に読んでほしい記事です。先日、下記のようなコメントを頂きました。転職活動中なのは事実なのですが、エージェント様が提供して下さる求人が➀エージェント様を経由しなくてもweb応募可能(超強力なコネクションも特になし)➁募集求人が同じものばかり➂行って求人だけもらって終わり(1時間話すより求人サイト見たほうが効率よいのでは?)というのがありまして、連絡を取るべきなのか悩んでおりました。非常にストレートでわかりやすい。そして、エージェントの価値について考えるきっかけになりました。[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】書類選考の裏側と勝ち方

    書類選考が通過しないと悩んでる時に読んでほしい記事です。今日こんなことがありました。■書類選考の見送り理由「保守的に感じます。チャレンジしていく思考や未来志向が足りないような気がしました。」絶句しました。どう読んだらこんなコメントが出るんだ??しかし、冷静になると見えてきたものがありました。書類選考者に要らぬ想像をさせてしまった。書類選考者がどんな人かわかりませんが、その人の判断が選考の第一関門であることに変わりなく、応募者がどんなに優れていようがNOと言われればそれで終わり。しかも書類選考者が書類をベー[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】書類選考を通過する提案書スタイル

    職務経歴書がうまく書けない時、よく出来ているのかわからない時に読んでほしい記事です。営業で提案書を書いたことがある人なら理解が早いと思います。最初は下手くそでも、何度も何度も書き直し、いろんなものを参考にしながら提案書はいいものになっていきます。では、職務経歴書はどうでしょうか?上手い人にはあまりお会いしません。圧倒的に書く回数が少ないからです。以前にも職務経歴書の書き方について書きましたが、今回は違う視点でお話ししようと思います。練習➀まず、同僚や部下の職務経歴書を書いてみてほしいのです。その同僚や部下を人にしっかり伝[...]

    さらに記事を見る
  • 【企業情報】USJの広報

    株式会社ユー・エス・ジェイの広報の方にお話を伺ってきました。USJでは広報をERと呼んでいます。(ER:エクスターナル・リレーションズ)つまり対外的な業務に関してはすべてここが担っているとのこと。USJ広報は現在13名の人員で構成されていますが、一人一人がシーズナルイベントを担当しています。つまり、業務を分担するスタイルではなく、一人一人が川上から川下まで一通り経験するスタイルをとり、プロとして成長することを意図した体制を構築しているようです。また、TV局5局を一人一人が担当(自分の媒体を持つ)し、深く入り込むための体制もとってい[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】応募する会社、応募しない会社の決め方

    その会社への応募を悩んでいる時に読んでほしい記事です。お会いする登録者の方々に必ず尋ねている質問があります。あなたの企業選択の基準を教えてください。人によって様々ですが、応募する会社と応募しない会社の傾向値はある程度見えてきます。応募する会社の共通点・想定年収が他求人と比較して劣っていない・勤務地が近い・事業内容が理解しやすく、面白そう・伸びている応募しない会社・想定年収が低い(年収300万円代はかなり厳しい)・勤務地が遠い・事業内容に特徴がない・事業成長するイメージが持てない上記の項目の中で転職エー[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】疾患と休職と転職

    勤務していて疾患(心の病含め)となった人に読んでほしい記事です。よく見かけるケースとして、うつ病になり担当医から「今の仕事を変えたほうが良い」と言われ、ひとまずは休職という選択肢を選ばれる方がいます。これはこれで正しいと思います。さて、その後ですが、復職して以前と同じ業務についているが、いまいち疾患の回復の目途が立たないことがあります。その場合、次にとる選択が転職ですが、ここでよく考えてほしいのです。転職すると確かに仕事内容を変えることは可能かもしれません。でもそれ以上に「目に見えないストレス」がかかります。環境の変化です。[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】自分で行う面接対策のやり方

    面接対策を自分で行うときに読んでほしい記事です。ある方の事例をベースにポイントを以下に記してみます。私どもが面接対策を行う際に事前に準備してもらうのは「質問を20個考えてもらう」ことです。今回の方は拝見させていただくと、7つでした。アドバイス1宿題は自分のルールで減らさないこと。増える分にはいいですが、ほとんどの方は減らします。これくらいでいいや。と思うことが原因なのでしょうが、その気のゆるみは面接当日でも出てしまいます。入社を決める際の判断基準は十分なのですか?との問いかけに仕事は入ってから慣れていけばいいと思っていま[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】離職率の高い会社の見分け方

    離職率の高い会社には入りたくない時に読んでほしい記事です。採用活動をサポートしていると離職率の高い会社に出会うこともあります。今年に入りそんな会社に2社遭遇しました。なぜその会社は離職率が高いのでしょうか?経営者が「辞めたい人は辞めればいい」という考え方を持っている。そしてそれを社内にも告知している。本人の主体性を重んじていると言えばそれまでなのですが、声に出してしまうことによって社員の心に興ざめが起こってしまっています。40名近くが1年で辞めて、その穴を埋めるべく30名採用したようです。離職率の高さを誰かのせいにしている。[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】管理職応募で書くべき2つのポイント

    管理職での転職を考えている人に読んでほしい記事です。求人には管理職もしくは管理職候補というものがあります。管理職経験者なら職務経歴書に、アピールポイントとして書かれる方もいらっしゃいます。管理職未経験者の方は自分には管理職経験がないからと応募しないケースもあります。では、管理職(マネジメント)とは何でしょうか?部下を持った経験部下を指導・教育した経験部下を管理した経験いろいろと解釈はあると思いますが、いまいちわからないと思いませんか?部下がいないと経験できないのでしょうか?そもそも、自分一人ではマネジメント経験は[...]

    さらに記事を見る

日本サクドリーの記事一覧

「最後の転職」のご紹介

「最後の転職」は転職理解メディアです。求人をはじめとした企業情報の発信と転職に必要な情報発信を行っています。

再転職危険度診断

  • 何が転職を繰り返させるのか?
  • あなたの内面に潜む再発要因とは?
  • あなたの無意識を診断します

第2の職務経歴書 f i t

受かる人の共通点は自己理解!
スキル・経験に加えて、内定にたどり着くために必要な準備です。
f i t は自分のことを理解する面接対策ツールとして無料でご活用いただいています。

面談実話 最後の転職

転職エージェントの面談実例をご紹介しています。転職活動者の方々の実際の活動を公開することで、あなたの転職活動のヒントをお伝えします。

転職エージェントブログ

転職エージェントがお伝えする、書類作成の極意、面接の極意、企業風土、採用スタイル、働く人の魅力などの情報が満載!

職種別検索