• 【転職Q&A】離職率の高い会社の見分け方

    離職率の高い会社には入りたくない時に読んでほしい記事です。採用活動をサポートしていると離職率の高い会社に出会うこともあります。今年に入りそんな会社に2社遭遇しました。なぜその会社は離職率が高いのでしょうか?経営者が「辞めたい人は辞めればいい」という考え方を持っている。そしてそれを社内にも告知している。本人の主体性を重んじていると言えばそれまでなのですが、声に出してしまうことによって社員の心に興ざめが起こってしまっています。40名近くが1年で辞めて、その穴を埋めるべく30名採用したようです。離職率の高さを誰かのせいにしている。[...]

    さらに記事を見る
  • 【エージェントブログ】営業電話でしてはいけないこと

    新規顧客獲得の為に営業電話をする人に読んで欲しい記事です。先ほどこんな電話がありました。営業マン「初めてのお電話恐縮です。私○○の鈴木と申します。代表者の方いらっしゃいますか」FRA「はい、私ですが、どんな御用でしょうか?」営業マン「オフィスの空間デザインを行う会社なのですが、ご入用のタイミングが今でなくとも、一度お時間いただけませんでしょうか?」FRA「今はニーズがないので、その時にまたお願いします」営業マン「そうですか、私は新入社員なのでぜひとも勉強の為に・・・」FRA「だったらなおさら時間は作れない。新人の教育[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】書類選考を通過する提案書スタイル

    職務経歴書がうまく書けない時、よく出来ているのかわからない時に読んでほしい記事です。営業で提案書を書いたことがある人なら理解が早いと思います。最初は下手くそでも、何度も何度も書き直し、いろんなものを参考にしながら提案書はいいものになっていきます。では、職務経歴書はどうでしょうか?上手い人にはあまりお会いしません。圧倒的に書く回数が少ないからです。以前にも職務経歴書の書き方について書きましたが、今回は違う視点でお話ししようと思います。練習➀まず、同僚や部下の職務経歴書を書いてみてほしいのです。その同僚や部下を人にしっかり伝[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】退職活動(交渉)における留意点

    退職活動(交渉)を行う人に読んでほしい記事です。退職の意向を会社側に伝えた際に、こんな質問をされると思います。「退職の理由は何なの?」通常はそう考えるに至った理由や、経緯、具体的な出来事などを伝えると思います。では、企業側がその理由をかき消す対処を行うと言った場合、あなたはどうしますか?例)給与が低いので → じゃあ、給与を見直すよ。同僚と上手くいっていないので → じゃあ、人員配置を見直すよ大事なことは2つあります。➀あなたは「退職交渉」と思っていても、企業側は「条件交渉」だと認識するケースがある。退職活動で紛[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】面接突破のカギは質問力

    面接対策の際に、企業からの想定質問に対しての回答を準備して臨んでいる方に読んでほしい記事です。まず、あなたが今準備してることは間違っています。大事なのは、回答を準備することではなく、質問を準備することだからです。ただ、安易な質問をいくら考えてもダメです。質問を準備する時は以下のことも併せて行わなければいけません。➀その質問に対しての期待する回答(仮説)も考える。回答を考えるとは、つまり「こういう回答だったらいいになぁ」という自分の求めていることを明確にすることです。➁その質問をする理由(意図)も考える。その質問の回答を[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】複数内定と志望順位

    複数内定を取得されて最終的にどこに決めようか悩んでいる人に読んでほしい記事です。内定が同時期に出ている場合は、諸条件比べて判断すればいいと思います。ですが、内定が同時期に出ない場合はどうでしょうか?最近は売り手市場の影響か、内定を出してすぐに意思決断をしてほしいという企業様が比較的多くなりました。他社の進捗を待っていては「採用できない可能性がある」ためです。でも応募者目線で見ると「内定を並べて比較検討したい」という思いが強いでしょう。あなたにお聞きしたいのは、「本当にそうでしょうか?」。複数企業で選考が進んでいる場合、自分[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職コラム】怪しくない求人の見分け方

    ずっと募集している求人は怪しい、すぐ辞める等、疑って見ちゃう人に読んでほしい記事です。求人サイトをみているとずっと募集している求人があることに気づきます。その時に、求人のスタイルを見て、その違いを理解することが重要です。まず、このずっと募集してる求人にも2つのタイプがあります。➀媒体(求人広告)に掲載されている、未経験歓迎を含む求人➁転職エージェントに依頼している、経験値の必要(幹部社員含む)な求人転職エージェントから見て、➀は流動性の高い(入ってもすぐ辞める)求人だと正直思います。この部類の求人は、自分がその環境に入って[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】最後の転職を実現する方法

    最後の転職にしたいと考えている方に読んでほしい記事です。最後の転職にしたい!と何度か転職を経験された方なら、ほぼ皆がそう思って転職活動を進めています。弊社のエントリーアンケートでもその傾向は顕著に出ています。では、最後の転職と聞いて活動者の方々がイメージしているものとは何でしょうか?・自分にぴったりの社風・自分にピッタリの仕事内容・自分の希望する給与・自分の希望する福利厚生・自分の希望する休日休暇などなど共通するのは「自分が軸」であること。そうならないために、口コミサイトを検索し、エージェントに社風を聞き、デジタ[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職コラム】羹に懲りてなますを吹く

    転職して入った会社を半年くらいで辞めたい(再度の転職活動をする)と考える方に読んで欲しい記事です。結果として、その会社で頑張るか、改めて次の会社を探すのかは個々人の状況次第ではあるのですが、注意していただきたいのは転職活動中の視点です。例えば、人間関係が悪い環境なので、人間関係が良いのか悪いのかを必要以上に気にした探し方をする。製品の幅が少ないので、その製品がこけたら会社がつぶれるのでは?と将来を必要以上に気にするなどの傾向が出やすくなります。複眼的に物事を見ていくことが重要なはずなのに、ネガティブ視点で気になっている部分の[...]

    さらに記事を見る
  • 【企業情報】USJのデジタルマーケティング

    株式会社ユー・エス・ジェイのデジタルマーケティング(DM)の方にお話を伺ってきました。USJのデジタルマーケティング部門は現在7名の人員で構成されています。担当しているのは以下の3つ。➀USJのファンサイト➁USJのWEBサイト➂USJのWEBチケットストアまた、広報や広告部門との違いを分かりやすく定義していました。広報:メディアに広めてもらう広告:メディアを使って広めていくデジタルマーケティング:消費者自らで広めてもらうそんなUSJデジタルマーケティングの仕事の醍醐味をお聞きしました。社員の方は日常的にパーク内を[...]

    さらに記事を見る

シマノの記事一覧

「最後の転職」のご紹介

「最後の転職」は転職理解メディアです。求人をはじめとした企業情報の発信と転職に必要な情報発信を行っています。

再転職危険度診断

  • 何が転職を繰り返させるのか?
  • あなたの内面に潜む再発要因とは?
  • あなたの無意識を診断します

第2の職務経歴書 f i t

受かる人の共通点は自己理解!
スキル・経験に加えて、内定にたどり着くために必要な準備です。
f i t は自分のことを理解する面接対策ツールとして無料でご活用いただいています。

面談実話 最後の転職

転職エージェントの面談実例をご紹介しています。転職活動者の方々の実際の活動を公開することで、あなたの転職活動のヒントをお伝えします。

転職エージェントブログ

転職エージェントがお伝えする、書類作成の極意、面接の極意、企業風土、採用スタイル、働く人の魅力などの情報が満載!

職種別検索