• 【転職Q&A】あなたの知らないエージェントの価値

    転職エージェントって頼りにならないなぁと思ってる方に読んでほしい記事です。先日、下記のようなコメントを頂きました。転職活動中なのは事実なのですが、エージェント様が提供して下さる求人が➀エージェント様を経由しなくてもweb応募可能(超強力なコネクションも特になし)➁募集求人が同じものばかり➂行って求人だけもらって終わり(1時間話すより求人サイト見たほうが効率よいのでは?)というのがありまして、連絡を取るべきなのか悩んでおりました。非常にストレートでわかりやすい。そして、エージェントの価値について考えるきっかけになりました。[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】面接突破のカギは質問力

    面接対策の際に、企業からの想定質問に対しての回答を準備して臨んでいる方に読んでほしい記事です。まず、あなたが今準備してることは間違っています。大事なのは、回答を準備することではなく、質問を準備することだからです。ただ、安易な質問をいくら考えてもダメです。質問を準備する時は以下のことも併せて行わなければいけません。➀その質問に対しての期待する回答(仮説)も考える。回答を考えるとは、つまり「こういう回答だったらいいになぁ」という自分の求めていることを明確にすることです。➁その質問をする理由(意図)も考える。その質問の回答を[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】面接に受かる方法

    面接になかなか受からない方に読んでほしい記事です。転職活動を進めていくうえで、誰もが出くわす「面接お見送り」。選考に落ちると誰だって落ち込みます。そして次の会社をまた受ける。この繰り返しの中で、あなたが意外なほど見落としているものがあります。それは「面接での見送り理由の確認」です。我々の登録面談に来ていただき、過去の活動履歴をヒアリングする際にももれなく伺いますが、意外とみなさん意識していない。 ダメ出しをしてもらったその原因を理解して克服することによって、同じ失敗を繰り返さないだけでなく行きたい会社に合格できるにもかかわら[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】第一志望の作り方

    複数社応募をする時に読んでおく記事です。書類選考時点で志望順位を聞くエージェントに会ったこともありますし、応募者自らが明言される場合もあります。書類選考が通過した場合も想定して、第一志望じゃない企業にまず応募して、面接を先に組んで練習したいんです。とおっしゃる方もいます。質問 その1その企業が現在志望度3位だとして、1位と2位が落ちたら志望順位は1位になる会社なんですよね?だとしたら大事な応募先では?質問 その2年収が2倍とか、通勤10分とか、いきなり役員入社とか、かなりイレギュラーな求人でもないのに、そこまで[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職コラム】採用担当者は嫌われる

    企業で採用をされている方に読んでほしい記事です。採用企業でも転職エージェントでも選考結果の連絡をされると思いますが、その際のメールの署名はあなたのお名前でしょうか?先日、面談した方がこうおっしゃっていました。メールの差出人が、「採用担当者」と書かれているメールは人として納得できなく、そういう企業には書類が通過していたとしても辞退しますと。問い合わせしてもたらいまわしにされる可能性が大きいのも嫌う理由だということでした。ドライに考えたらそんなことで選考を棒に振るのはもったいないと思うのですが、入社後もそのような対応をする会社だとい[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】応募履歴管理をしないと起こる悲劇

    求人の応募履歴を管理してない人に読んでほしい記事です。ご登録者の方に応募している企業のことを聞くことがあります。「社名」、「応募時期」、「応募経由」、「応募職種」、「その結果」などが中心です。この中で、注意深く取り扱わないといけない情報があります。それは「応募経由」と「その結果」ですここで応募経由についてのおさらいです。現状ネット経由での応募の場合以下の3パターンが存在しています。まず、➀採用企業に直で応募この場合、合否連絡も人事から直接連絡が来ます。当事者の判断で選考が進むので結果は事実です。次に、弊社も[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職コラム】情報開示の大切さ

    先日こんなことがありました。大阪の○○というポジションで応募していた方の1次面接が無事に通過!ところが通過連絡と同時に、企業からこんなコメントが書かれていました。「入社に至る場合、当初1-2年は東京勤務で、その後関西転勤を想定していますが、ご本人にこの認識で大丈夫かご意向を確認してください。」なぜだろうと思い、企業に確認したところ、「○○というポジションではなく、東京の△△というポジションで選考を進めたいので勤務地に変更が出ています」このことをご本人は知ってるのか?の問いに対しては「ご本人には話をしていません」な[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職コラム】人事が生み出す機会損失

    転職エージェントとしての見解です。採用人事が機会損失を生み出していると感じます。採用人事の仕事って・応募を増やすこと・部署のニーズを把握して情報発信すること・応募者の状況管理をすることこれに尽きると思っています。書類選考で現場に書類を出さずに人事判断で見送ることを聖域とでも思ってる人事がいます。もちろん、直接応募で明らかにダメなケースの場合はそれでもいいです。しかしエージェントからの紹介にもかかわらず、とにかくまずは自分たちで選考をする。結果として現場からは、「応募が少ないじゃないか!」と言われ、エージェントには「[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職Q&A】管理職応募で書くべき2つのポイント

    管理職での転職を考えている人に読んでほしい記事です。求人には管理職もしくは管理職候補というものがあります。管理職経験者なら職務経歴書に、アピールポイントとして書かれる方もいらっしゃいます。管理職未経験者の方は自分には管理職経験がないからと応募しないケースもあります。では、管理職(マネジメント)とは何でしょうか?部下を持った経験部下を指導・教育した経験部下を管理した経験いろいろと解釈はあると思いますが、いまいちわからないと思いませんか?部下がいないと経験できないのでしょうか?そもそも、自分一人ではマネジメント経験は[...]

    さらに記事を見る
  • 【転職コラム】採る側の自信

    なかなか採用できていない採用担当者に読んでいただきたい記事です。採用力という言葉を聞かれたことがあると思います一般的には、応募をどれだけしてもらえるか?という母集団形成と考えられれることが多いですが、転職エージェントをしていると、それ以外の側面も見えてきます。我々が考える採用力とは➀母集団形成力(どれだけ多くの人に知ってもらい、応募してもらうかの魅力作りや行動)➁採用決断力(応募者を採用する自信)➁はあまり話題になりませんが、面接の結果をみているとそれがよくわかります。例えば「経験スキルは素晴らしいものを持っています[...]

    さらに記事を見る

エージェントブログの記事一覧

「最後の転職」のご紹介

「最後の転職」は転職理解メディアです。求人をはじめとした企業情報の発信と転職に必要な情報発信を行っています。

再転職危険度診断

  • 何が転職を繰り返させるのか?
  • あなたの内面に潜む再発要因とは?
  • あなたの無意識を診断します

第2の職務経歴書 f i t

受かる人の共通点は自己理解!
スキル・経験に加えて、内定にたどり着くために必要な準備です。
f i t は自分のことを理解する面接対策ツールとして無料でご活用いただいています。

面談実話 最後の転職

転職エージェントの面談実例をご紹介しています。転職活動者の方々の実際の活動を公開することで、あなたの転職活動のヒントをお伝えします。

転職エージェントブログ

転職エージェントがお伝えする、書類作成の極意、面接の極意、企業風土、採用スタイル、働く人の魅力などの情報が満載!

職種別検索